メーカー

珈琲を美味しくするルールはありますか?

珈琲を美味しくするのに最も大切なのは湯です。
珈琲豆の種類などは自分の好みで選んでいるでしょうし、容量などは完全に好みの問題になります。
湯はいったん沸騰した状態にします。

そして短時間で珈琲の線維組織を膨らませ、味や香りが逃げたり変わったりしない様にするために、
しばらく待って95~65度位のものを使用するようにおいてから入れます。
この温度が珈琲を入れる適温です。

ちなみに水道水などはカルキの臭いなどがしますし、トリハイドロメタンが発生してしまうと味も損なわれ、
身体にも良くないのでミネラルウォーターかミネラルサーバーの水がお勧めです。
特にミネラルサーバーなどは常時湯も出る適温の湯があります。

飲む前の器具は綺麗に洗って使いましょう。
以前の臭いが染み込んだままの状態では、新たな香りと混ざってしまいます。
さらにカップなどは温めておきましょう。

容器が冷たいままだとせっかくの熱い珈琲が容器の冷たさで冷めてしまいます。
珈琲豆をミルで挽く場合、サイフォンで飲む場合は「細か挽き」に、ドリップは「普通挽き」に、パーコレーターの場合は「荒挽き」で挽くようにしましょう。
珈琲豆を挽く時にも熱が発生して味に影響を与えます。

短時間で人数分を挽きましょう。
何よりも大切なのは飲む分だけ作るということです。
注湯するときに用いる器具はやかんではなく、口先が細長いポットを使用することで湯の量や注ぐ強さの調整が可能になります。

珈琲の作り置きは70度以下の保存ではタンニンが酸化し珈琲が変色し味も変わってしまいますし、90度以上の温度で保存し続けるとカフェインが分解し、苦み成分に変わってしまいます。
つまり冷めるのも沸かしなおしもしてはいけないということです。
それではすぐには飲めない場合やおかわりなどを用意したい場合はどうすればいいのかといいますと、保温できるサイフォン器具に載っている場合は、そのまま保存状態を保ち、ない場合は湯銭で80℃代を保つように心がけておきましょう。




このページの先頭へ